名古屋ハピネス鍼灸接骨院・整体院 名駅

予約優先052-414-5300 お問い合わせはこちら
MENU

膝内側側副靱帯損傷 治療法

みなさん、こんにちは!
名古屋ハピネス鍼灸接骨院・整体院 名駅の藤田です。

お正月休みが明けて年始の診療がスタートしてから今日までの間に患者様から体調を崩していたという声が多く出るようになりました。免疫力が下がりやすい時期で空気の乾燥によりコロナに加えてインフルエンザも流行ってきているので自分自身もより一層気をつけないといけないなという気持ちになりました。こまめな手洗い・うがいと手指消毒など心がけて食事をしっかり摂ってウイルスに負けない身体づくりをしていきたいですね。

さて今回は「膝内側側副靱帯損傷」についてです。膝内側側副靱帯とは膝の主要な4つの靱帯の1つで膝の関節の内側で大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)を繋げている靱帯です。外側からのストレスに抵抗し、関節の内側が開きすぎるのを防ぐ役割をしています。
ここの膝内側側副靱帯が損傷するケースは主にラグビーやアメフトなどの人とぶつかるスポーツ(コンタクトスポーツ)に多く見られます。
症状としては膝の内側の痛み・膝の内側の腫れ・可動域の低下・歩行困難などが挙げられます。重症度も1〜3度に分類され1度が軽度、2度が中度、3度が重度になります。膝がまっすぐ伸ばせれなかったり歩行が困難な状態の2度以上の場合は他の組織も損傷している可能性があるため専門医に相談します。
軽度な痛みで違和感はあるが可動域が正常で靱帯ストレステストが陰性の1度の軽度な損傷の場合は当院でご案内することができます。
RICE処置を適切に行い、日常生活では安静にさせることを基本とします。痛みを早く取り除くことのできる高周波の電気治療器を用いて治療しながら再発防止のストレッチ・トレーニング指導をしていきます。膝の関節の内側に痛み・違和感がある方は当院にご相談ください。

名古屋ハピネス鍼灸接骨院・整体院 名駅
TEL052-414-5300
名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅 | 肩こり 腰痛 原因から治療する | 名古屋市 接骨院
ぎっくり腰 座骨神経痛 ランナー膝 オスグッド病 ジャンパー膝 むち打ち症 四十肩・五十肩 肩こり 野球肘 テ … 続きを読む →
リンクhttps://happiness-meieki.com/

カテゴリー: インフォメーション | 膝内側側副靱帯損傷 治療法 はコメントを受け付けていません

「寝違え」治療と予防

みなさん、こんにちは!
名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅の後藤です。

お正月休みを過ごされた方も多いかと思いますが、体調はいかがでしょうか。
私はつい家で寝転んで過ごしてしまいましたので、休みなのにいつもより肩こりなど感じることもあります。生活習慣乱れてしまったなという方、睡眠や食事など少しずつ気を付けていきましょう。

今回は「寝違え」についてです。
とても身近な症状で経験のある方も多いと思います。
寝ている時に首から肩の筋肉が強く緊張してしまい痛めてしまう症状です。
痛める部位によって、痛む場所や制限される動きが変わってきます。上を向けない、左を向けないなど様々です。痛みの強さもそれぞれで、重症の場合は少しでも動かせないくらいに痛みを感じることもあります。
〇治療
痛みが強い時には無理に動かさない方が良いです。筋肉の緊張が強くなっているので電気で痛みを取りながら緩めていく方法も有効です。痛みが徐々に治まってきたらストレッチなどで軽く動かしていくことも良いでしょう。
寝違える原因としては
・普段から肩こりや首のこりがある
・血流が悪い
・運動をしていない
・寒くて冷えている
・姿勢が悪い
等々が考えられます。パソコン作業などで目や腕を沢山使う方は特に注意が必要です。
日頃の運動や風呂に浸かって温めることなどが予防に有効です。

痛みが強いと何をするにも大変かと思います。
寝違えてしまったと思ったらぜひご相談ください。

名古屋ハピネス鍼灸接骨院 名駅
TEL052-414-5300

名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅 | 肩こり 腰痛 原因から治療する | 名古屋市 接骨院
ぎっくり腰 座骨神経痛 ランナー膝 オスグッド病 ジャンパー膝 むち打ち症 四十肩・五十肩 肩こり 野球肘 テ … 続きを読む →
リンクhttps://happiness-meieki.com/

カテゴリー: インフォメーション | 「寝違え」治療と予防 はコメントを受け付けていません

ふくらはぎからかかとにかけて痛みのある方、必見! アキレス腱炎とは?

みなさんこんにちは!
名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅の藤田です。
2022カタールW杯が昨日終わりましたが、とても盛り上がった大会になりましたね!
日本は死の組に入りグループリーグ突破は厳しいと言われていた中でドイツとスペインに勝利し逆境に立ち向かって結果を出す姿にとても感動しました。惜しくもクロアチアに負けてしまい日本代表史上初のベスト8進出はなりませんでしたが、全世界に日本のサッカーのレベルが上がっていることが証明できたと思います。
勇敢に戦って下さった日本代表に感謝です!4年後も楽しみですね!

さて、今回は「アキレス腱炎」についてです。
アキレス腱炎とは、ふくらはぎの筋肉と踵の骨を結ぶ太くて丈夫な腱であるアキレス腱に炎症を起こした状態のことを指します。
アキレス腱炎はスポーツ選手に多くみられ、剣道や陸上、ジャンプスポーツをする人に発症しやすいと言われています。
地面を蹴ってつま先立ちになる動きが関係しており、運動で繰り返し負荷がかかった後に十分な回復期間をとらないとアキレス腱の炎症が起こります。

主な症状は運動をしているときや座っていて歩き始めるときに、ふくらはぎからかかとのあたりにかけて痛みを感じます。
他にも、アキレス腱を触ると、痛みを感じたり腫れていることがあります。
治療法は安静にして過度な運動を中止し、アイシングと消炎鎮痛剤を服用する保存療法を行うのが一般的ですが、さらに回復を早めるため当院では高周波を用いた電気治療を施します。
高周波は身体の深部にまで電気を届かせることにより高い鎮痛効果を得ることができ、消炎効果もある優れた電気治療器です。
電気というと怖いイメージを持たれる方もいらっしゃると思いますが、基本的に痛みはなく患者様の反応に合わせて施術するのでご安心して施術を受けていただくことができます。
ふくらはぎからかかとにかけて痛みを感じる方、少し腫れて違和感を感じる方は是非当院までご相談ください。

名古屋ハピネス鍼灸接骨院・整体院 名駅
TEL052-414-5300
名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅 | 肩こり 腰痛 原因から治療する | 名古屋市 接骨院・整体院

カテゴリー: インフォメーション | ふくらはぎからかかとにかけて痛みのある方、必見! アキレス腱炎とは? はコメントを受け付けていません

О脚の原因にもなる「変形性膝関節症」

みなさん、こんにちは!
名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅の後藤です。

12月です。寒いです。
冬になると痛みを感じるという方は多くいらっしゃいます。
寒いと筋肉は緊張し、血流が悪くなります。血流が悪いと自然治癒力が下がり、それだけ疲れが溜まりやすいと言えます。どうぞ暖かくしてお過ごしください。

今回は「変形性膝関節症」についてです。
変形性関節症というのは、関節軟骨の減少などにより生じる関節の機能障害です。加齢などにより関節のクッションとなっている関節軟骨の減少が起こり、それにより骨の変形・炎症などが現れ、痛みや腫脹、可動域の制限などの症状が出ます。
中でも変形性膝関節症は最も多くみられる症状です。特に好発するのは50歳以上の女性で肥満も関係すると言われます。
症状 
 疼痛(ひどくなると歩くことが辛くなることもあります)
 関節変形(O脚変形してきます)
 可動域制限(正座や階段の昇り降りが困難になってしまいます)
 腫脹
治療法
 まず炎症が起きていると痛みますので、炎症を収めるために冷やしたり電気を当てたりします。膝の負担を軽くしてあげることで、膝関節軟骨の摩耗を減らします。大腿の筋肉を緩めることやストレッチ、筋力トレーニング、場合によってはサポーターなどを用いて負担を軽減していきます。
変形性膝関節症が進行してしまうと歩くことなど日常生活に大きく影響します。症状が軽くてもぜひ早めの相談を心掛けましょう。

名古屋ハピネス鍼灸接骨院 名駅
TEL052-414-5300

カテゴリー: インフォメーション | О脚の原因にもなる「変形性膝関節症」 はコメントを受け付けていません

おしりの痛み、それ梨状筋症候群かも?

みなさんこんにちは!
名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅の藤田です。

11月も早いことに明日から下旬に差し掛かります。気温がグッと下がり寒い日が続いてますが、患者様からは旅行に行ってきた話を耳にすることが増えてきました。まだ僕が行ったことのないところや知っていたけれど別の楽しみ方をされている方など沢山の発見があり、まだ国内でも全然知らないことがいっぱいあるんだなと改めて感じました。コロナが落ち着いて色々な制限やマスクも必要なく笑顔で心置きなく旅行ができる日を楽しみに国内のみならず海外など色んな場所を調べていきたいと思います!
オススメの旅行先があれば是非教えて下さい!

さて、今回は「梨状筋症候群」についてです。
坐骨神経は、骨盤から出て足へ向かいますが、その際に骨盤の出口のところで、梨状筋という筋肉とのトンネルを通ります。この筋肉は通常柔らかいのですが、負担がかかって硬くなってしまうと、おしりに痛みを起こしたり、近くを走る坐骨神経を圧迫してしまいしびれが出てきます。このような状態を梨状筋症候群といいます。
梨状筋症候群の症状はおしりの外側あたりに痛みが出たり太ももの後面にかけてしびれが出ることもあります。長く座っていると症状は強くなり、歩くと楽になることもあります。ゴルフなどのスポーツ、長時間の運転など、梨状筋に負担のかかるようなことで起こりやすくなります。当院では高周波を用いた電気治療にて症状の改善を図ります。高周波は身体の深部にまで電気を届かせることにより高い鎮痛効果を得ることができ、消炎効果もある優れた電気治療器です。更に特殊なベッドを用いた骨盤矯正を加え、身体のバランスを整えて負担のかかりにくい身体づくりをしていきます。当院の骨盤矯正の特徴は患者様の体重を利用することによって無理なく安全に骨を動かすため、ボキボキと痛い思いをさせる事なく安心して確実に骨盤矯正を行えます。是非お試しください。
梨状筋症候群は保存療法で症状が改善することがほとんどです。おしりの外側が痛い方、しびれがみられる方は是非当院までご相談ください。

名古屋ハピネス鍼灸接骨院 名駅
TEL052-414-5300
名古屋ハピネス鍼灸接骨院名駅 | 肩こり 腰痛 原因から治療する | 名古屋市 接骨院
ぎっくり腰 座骨神経痛 ランナー膝 オスグッド病 ジャンパー膝 むち打ち症 四十肩・五十肩 肩こり 野球肘 テ … 続きを読む →
リンクhttps://happiness-meieki.com/

カテゴリー: インフォメーション | おしりの痛み、それ梨状筋症候群かも? はコメントを受け付けていません

ハピネスグループ接骨院は愛知県下に7院

対応地域は名古屋市・蒲郡市・岡崎市・刈谷市・安城市です。

交通事故・むち打ち・腰痛・膝の痛み・肩・首の痛み
・スポーツ障害・骨折・脱臼・打撲・捻挫等痛みや気になる症状をご相談下さい。
ハピネスグループでは自然治癒力を回復、増強させる最善の方法だと考えています。

■寺倉ハピネス接骨院・整体院 
■刈谷ハピネス接骨院・整体院
■岡崎北ハピネス接骨院・整体院 
■岡崎ハピネス鍼灸接骨院・整体院
■安城ハピネス接骨院・整体院
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院・整体院 丸の内
■名古屋ハピネス鍼灸接骨院・整体院 名駅

ページの先頭へ